上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日のことですが、久しぶりに美術館に行ってきました。
どうしても観たかった『堀文子展』。




堀文子さんは、90歳を越えてなお、絵を描き続けていらっしゃる方で
例えば、ちょっと昔の「きょうの料理」の表紙や
いま「サライ」という雑誌がありますよね、
あの雑誌にも絵を載せてらっしゃいます。



前にテレビで、堀さんの近況を拝見したときに
すご~く驚いたんです。。
そのときは、80を越えられたころでしょうか。

幻の鉱山植物ブルーポピーを求め、ヒマラヤ山脈の高地を
酸素ボンベをつけながら走破された様子が放映されていて
もうビックリ!
ブルーポピーは持ち帰ってはいけない植物なので
目に強く焼き付けて、戻ってから描かれたのだと思います。

(↓そのときのブルーポピーの絵は、こちらのサイトにも…)

堀文子

なにかにチャレンジすることに歳は本当に関係ないのですね~!



展覧会では20代から90になる現在までの絵が並んでいて
絵が次第に変わっていく様子が手に取るようにわかりました!
…旅をして感じた風景や
こどもたちに…と描いた絵本(とっても素敵でした!)が
たくさん並んでいて。。
しかも大作が本当に多くて、そのひとつひとつに圧倒されました。。

じっくり観ながら歩きながら…の展覧会で
帰ってから足が筋肉痛になりそうになり…(^^;)
もっと歩かなくっちゃ!とも思った1日…

そして、堀さんの絵、ひとつひとつから
ほとばしるような力を頂いた、嬉しい1日でもありました♪
私も堀さんのアグレッシブな気持ち、見習いたいな…!



p.s.先日の通院で体調がかなり悪化し、前の病院の薬を飲んだところ
だんだんと調子が良くなってきました…(^^)  
なので、今週また、前の病院に行ってきま~す(^^;;)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。