上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


201001151051000.jpg

拾った葉っぱで作った押し葉。銀杏って、きれいに色が出るんですね。

先日、昔からの友達と、電話で話していたときのこと……
その子は、いま、小さい女の子のママです。

「2、3日前に、○○(女の子)が『ひとりでトイレに行く』って突然言ったんだよ~。
ビックリしたけど、嬉しかった!」

それまで○○ちゃん、オムツだったんです。
それが、自分から自然に、『トイレ』へ。

凄いな、と思いました。人間って。
私もそういうことを経験して
いろんなことが自然にできるようになって
大人になっていって…

で、パニック障害になって
いろんなことが「ひとりで」できなくなりました。
できなくなった…と感じたときのつらさは、
この病気を持つ人だけにしか…やっぱりわからないかもしれない。

でも、パニになって、私も5年目。
最初のときのような、寝たきり状態では、ありません。
プリンのふたを自分で開けられなかったことも
今はありません。
「ひとりで」家の周りの一角を、ヨロヨロしながら散歩できたときの
しあわせは、今でも覚えています。
「ひとりで行って来れた!」と喜ぶ私を見て、父は嬉しそうな、
でも、どこか「そんなものなのかなぁ…」といった表情をしていました。

まだ、ひとりでできないこと、あります。
でも、人間の力って、きっと想像以上だと思う。
ときには、他の人の力を借りて、そして無理はしないで
ゆっくり ゆっくり 歩んでいけたらそれで充分。

いつか、彼女(友達)が娘に感じたような驚きと、嬉しさを
「自分で」感じる日がきっとくるはず。
うん、きっとそう。

ブログ村 メンタルヘルスブログ

人気ブログランキングへ

参加しています。「ポチ」してくださるとうれしいです*



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。