上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


DSC00643.jpg

ちょうど、5年前の今ごろ、パニック障害になりました。

症状もよくつかめず、でも、とても辛く
メンタルの病気だ、とわかってからは
薬を飲んでは横になる日々が続きました。

「そういえば…」
従姉妹が以前、ウツだった事を思い出し、親戚の家に電話しました。

すぐに出てくれて、話を聞いてくれ、
笑わせてまでくれたのを覚えています。
その次の日も、電話があり(時々私の具合が悪くなり中断しながらも)
笑わせてくれました。
母は、私が笑っていることにびっくりしていました。
でも…
薬を飲み続けても、パニックには波がありますね…
寝たり、たまに起きたり。
そんな中でも、彼女は忙しい仕事の合間を縫って
電話や、メールも毎日送ってくれていました。
(きついだろうから)お返事はいらないよ、とまで気遣ってくれました。

ある時期。ひどく体調が悪くなり
携帯での電話やメール、テレビ、PC…
そういうものを一切受け付けられなくなりました。

携帯を切り、他のものも見なくなり…
その間も彼女は連絡をくれていました。
「出られない」と伝えることも出来ぬまま……。

だいぶ経って、久しぶりに携帯をつけると
彼女からのメールが、たくさん…

しばらくして、連絡できるようになり、電話をしてみると
「辛かったら、電話してきなよ!!」と
ちょっと怒った口調で言われました。

あぁ、悪かったなあと思いました。凄く気にしてくれていたのに…
それから彼女の患うウツと、私のパニックは
似ているようで、だいぶ違うようだと感じました。

私は、症状で「言えなかった」けど
彼女は、性格的に「言えない」タイプです。
人に心配を、迷惑をかけたくない。
弱いところを見せられない。
結局、あなたも「言えない」タイプじゃない(苦笑)と思いながらも
それが、あなただし、
これが、わたしよね、と思います。そして、それでいいのだと…。

いま、彼女はまた調子を崩しています。
彼女が私に連絡するとき、一度、母を通して私の体調を聞いてから
電話で話すようになりました。「そうする」と彼女が言ったそうです。
「出られなかった電話」のことを、誰かが伝えてくれたみたいです…

弱いところを殆ど見せず、
人の悩みを聞いて、理路整然と答えるあなた。
相変わらずだなぁ。でも、それでいいのよね。
あなたも、私も。

ブログ村 メンタルヘルスブログ

人気ブログランキングへ

参加しています。「ポチ」してくださるとうれしいです*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。