上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


201003091247000.jpg

ん?きのこの木?!

前回の続きを書きます。
冊子の裏面に、興味深い記事!表題は、『笑う門には“健康”が来る?』

ノーマン・カズンズ氏という
アメリカの有名なジャーナリストの話が書いてありました。

その話はこちらの本にも載っていて、有名なようです。(パニ2年目くらいに読んだ本)↓

201003081006000.jpg


カズンズ氏は、49歳のとき、膠原病のひとつである
強直性脊髄炎にかかってしまい
しばらくして半身不随になりました。
原因、治療法も分からないこの病気に対し
彼は、かつて取材したことのあるシュバイツァー博士の
「もっと体内のあなたの主治医を働かせなさい!」という言葉をヒントに
笑いが心身によい影響を与えるのでは?と考え、
病室にコメディ映画を持ち込んで
毎日思いっきり大笑い。

すると、「治る見込みは殆どない」と言われていた病は…

・苦しかった痛みが和らぐ
・体も徐々に動かせるようになる

数ヶ月で難病を克服したそうです。

日本でも、笑いによる、いくつもの報告があるそうです。
また、笑いと免疫力の研究もされているとか…

………

でも、パニは波があるので、
毎日毎日大笑い、という訳にもいきませんよね…。
(パニでなくてもそうですよね。)

紙面にもありましたが
「にっこり」と口角を上げるだけでもいいそうです。
笑うことの気持ちよさを、脳が覚えるらしいです。

私も、口角を上げるほかに、面白いDVDを観たりします♪
“Mr.Bean”、清水ミチコさんの物まね、「水曜どうでしょう」等々…(^^)v
少しずつ、笑顔でいられる時間が長くなっていきますように…!

3年前、上にある本の、笑いについてのページを読んだとき
「NK細胞」を「ニコニコ細胞」なんだ~、と思ってしまった私です…(;^_^A

201003091252000.jpg


*良かったこと:火、水曜

・ぴあのピアを見たこと
・体操をしたこと
・ハーブの本が面白いこと
・「南極料理人」が図書館で借りられそう!
・ココア味の飴の小袋ひとつに、飴がふたつ入っていました!ビックリ!(←小さな幸せ♪)
・久しぶりに親戚の叔母さんとメール。
・語学の復習できたこと
・水曜、夕焼けが綺麗だったこと


ブログ村 メンタルヘルスブログ

参加しています。「ぽちっ」とclickしてくださると、とてもうれしいです*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。